So-net無料ブログ作成

(仮)エルタキノですがね、、、 [グピ]

※3/8編集しなおしました。画像&文章ちょっと付け足しますー。

ぐへっっっっっっっっっつ[あせあせ(飛び散る汗)]
書きかけの記事消えちゃたー。。。

ダメだ、、、
もう同じ事あれこれ書く気が起こらねーっす。。。。ぼりうむだうんするっす。。。。


まず、先日ピクタさんから導入したソード系。
DSC_2523.jpg
ラズリーセピアダブルソードです。
ラズリーの遺伝子は実は今回初めて導入するんですよ。じっくり見るとキレイな色です。
DSC_2613.jpg
尾筒から尾にかけてセピアがのってます。シックでかっこええです。
やっぱピクタさんの青シリーズ好きだなー。こだわりも感じるし良い刺激になります。

名の通りセピアを持ってるのであれこれ試してみたいと企んでます。
ショッカー表現以外での取り組みを妄想してますが、やっぱり柄の表現の下地に利用するのが良いんだろうなー。思い描いている表現が上手く出来れば最高なんですがねー。

先日もアップしたアンモライトですが少し綺麗に撮れたので再度アップします。
DSC_2596.jpg
めちゃくちゃ気に入ってます☆
結構前にアクアステーションでアンモライトの取り扱いがあって、ずっと気になっていたのですが機会を逃してたのでやっと導入できて嬉しい限りです。

アンモライトと同じく、他に興味をそそられているのはラスターとサドルなんですが、
どこも取り扱いがありません。ラスターはアクステに売ってたな、そういえば。。。

話は変わって、タイトルにもなってる(仮)エルタキノについて書きたいと思います。。。
先日グリーンドーサルクロスだったと言う事で幕引きをしそうになっていた
(仮)エルタキノ計画(エルティグレ♂×旧タイプリオタキノ♀)ですが、
どうもグリーンドーサルクロスと言う事で結論づけるには腑に落ちない部分がありましてですね。。。

グリーンが飛び込んだとか混ざってしまった可能性は大きいのでその疑いは捨てきれないけど、
きちんと選別していたのでエルティグレっぽい表現のオスしか同居させていない。(はず。多分絶対。)

ならメスなのか?ひょっとして。。。まぁまぁそれはおいおい考えるとします。

問題のF1の画像です。彩友会のコンテストにも出した奴です。
ご参考になれば。。。
NCM_1629.JPG
NCM_1512.JPG

どうですかねーグリーンドーサルっぽくないと思うのですが、どうでしょか。

そしてF1でもF2でも出てるグリーンドーサルもどき。
DSC_2489.jpg
よりエンドラーズっぽいですね。色味も全然違う。
こればかり出てたのでグリーンドーサルクロスって事で疑ってしまってましたが、

待っていたのが出ました!!何枚かアップしますね。
DSC_2561.jpg
DSC_2575.jpg
IMG_20160306_080831.JPG



これです↓よりエルティグレらしさを引き継いだF2♂グリーンに近い色彩かな?
DSC_2501.jpg

もひとつおまけ。
DSC_2477.jpg

グリーンドーサルのほうはこの位まで育つとオレンジ色が出てきだして尾びれも柄が入る。

興味深いのは、上の画像のように、イエローとグリーンのような色合いのタイプと、

より多色に表現がでる次の画像のタイプが出る。
DSC_2498.jpg
違う画像です。
DSC_2515.jpg

すみませんね、ほんと見辛くて申し訳ないです。。。
興味を持ってくれて見て下さった方もおられる事かと思います。。お詫びします。

それと、遺伝子を引き合いに出して定義づけて述べるなんて高等な事はまだまだできませぬ。。
それに色んな人が見てる(と思う)この場ではええ加減な事はいえません。

遺伝子について論じるのはそれが楽しくもあるのは理解しているんですが、
無知なボクはその部分で適当な事は言えないし、どんな場であろうと自分の言葉には責任持たなきゃね。

なので遺伝子についてはそーゆーのが得意な人に任しちゃいまして
マイペースで学びながらのらりくらりと楽しんでます。

それにいつもついついアホな事を言ってしまう性分なのでゆるい世界観の方が楽ですし自分には合ってるww

遺伝学には興味あるんですよ。一応倍数体についてなども。
でもまぁその辺も適当な感じでゆるいですから(笑)
のんびりでもいいからできるところまでエルタキノがんばっぺ。

今年はデルタもがんばってますよ★
いつかもアップしましたフルメタルブルーグラス累代系統
DSC_2239.jpg

これも気になってる表現の箇所がありまして。。。口に色がのるのは何の影響なんでしょ?
ご存知の方がおられましたらどなたか教えて頂けませんか?

しかし、尾びれはもちろんの事、
ガルウィングとかダンボとかで見られる胸鰭の改良、
それから、ハイドーサルで見られる背鰭の改良、ゴノポの色彩、丹頂表現などなど。。
数年前と比べるとスゴい早さでむちゃくちゃ改良されまくってますよねー。
もういじるところが無いんじゃないじゃないかって位イジリ倒されてますが、

そう言えば口に関してはあまり狙ってそれにしたって聞かないな。。。

しかしこの通りきっちりと仔にも受け継がれているので
DSC_2632.jpg
気になる部分です。
イエローリップとでも言おうか。

レポリヌスでもブルーリップは居てますよね。口の色についての遺伝子ってなんだろう?気になる。。


しっかしいい加減カメラ買わねーとなぁ。。。
RICOHのGRⅡにするか、Nikonの今度発売されるDLか、定番のCoolPIXシリーズもいいし、
CANNONのPowerShotシリーズもいいし、
ホント迷うな。。。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。